バイナリーオプション取引で10万円を稼ぐまで

バイナリーオプションの良い点・悪い点

バイナリーオプションは、仕組みが単純であり初心者でも簡単に覚えることができる投資方法です。基本的なバイナリーオプションの使い方としては、定められた時間までに指数が上昇するか下落するかを予想してそれに応じたチケットを購入するものです。上昇すると見れば買いチケット、下落するという場合には売りチケットの2種類になります。1枚のチケットは1円から1000円程度で購入できるので、資金量の乏しい人でも購入が可能です。一方で、損益の確定の仕方としては予想が当たった場合には、ペイアウト率に応じて払い戻しされ、外れた場合には何も払い戻されないというものです。ペイアウト率に関してはその時の状態によって変化しますが、おおむね1.8倍程度とされます。つまり、チケットの購入金額と購入金額にプラスして0.8倍が払い戻されます。取引そのものは非常にシンプルなものになります。また指数としてスタンダードに選ばれているのが外国為替が中心になります。このため、バイナリーオプションをFX取引のリスクヘッジとして使っている投資家も多くいます。

 

バイナリーオプションの良い点としては初心者や資金量に乏しい人でも簡単に参入することができるという点です。また手数料もほとんど掛かりませんのでFX取引よりも参加し易いメリットがあります。また締め切り時間は1日に10回程度あるのも他のオプション取引に比べて有利ですし、その仕組み上、参入できる金額が少額でまた損失が限られているというメリットがあります。
一方でバイナリーオプションの悪い点としては、予想が外れると投資した金額のすべてを失うという点で、また予想が当たったとしてもペイアウト率が1.8倍程度なので、連勝し続けるか投資する金額を増やさなければ利益を上げることが困難という点です。また国内のバイナリーオプションは規制強化されており、参加するさいには簡単なテストを受ける必要があります。

 

 

結果が直ぐに分かるバイナリーオプション

 

バイナリーオプションの特徴は、投資先の種類が多過ぎる事はなく、選択肢は上下のどちらかを選ぶ二つに一つである点です。
株式投資は、銘柄の多さが選択肢の拡大に繋がっていますが、初心者にとっては選び難さがが難点です。
また、長期の株保有に加えて、短期間のトレーディングも行えますが、投資期間の幅も失敗原因の一つになります。
その点バイナリーオプションは、銘柄が外国為替に限られている事、そして次に上がるか下がるだけを決めれば投資完了です。
分かり易さがバイナリーオプションの特徴で、しかも結果を直ぐに知る事が出来ます。
投資に使える資金は、証券口座に入金した分だけなので、使い過ぎたり後から追証を求められない事も利点です。
バイナリーオプションを選ぶ利点は、初心者特有の挑戦し難さが撤廃されていたり、他の投資で成功した人でも楽しめる点にあります。
リスクが低く抑えられている点も、バイナリーオプションが実現している特徴なので、豊富な魅力と楽しさが感じられます。
もっと安全で楽しくバイナリーオプションを楽しむには、信頼性がある証券会社を選んだり、無理のない資金から始める事が大切です。
バイナリーオプション市場は、人気の高まりによって新たな証券会社は登場していますが、中には信頼性に欠ける存在も紛れ込んでいます。
問題なく取引出来るだけではなく、利益を正常に引き出せる事も欠かせないので、バイナリーオプションは正規の証券会社を活用する事が成功の鍵です。
基本さえ守れば、投資結果以外の欠点は限られますし、知識が少なくても直感で利益が狙える点が優れています。
銘柄の動向を研究したり、次の変化を予測出来る様になれば、次第に利益を増やし続ける事も不可能ではありません。
投資は、判断を行うセンスと投資方法の相性は重要ですが、シンプルな構造である事も見逃せないポイントです。
センスを磨いて利益を追求可能ですが、結果が直ぐに分かったり、上級者と同じ土俵に立てる事が特徴なので、誰でも好きな時に参加する事が利点を表しています。

 

 

ドル円を取引する時には米長期金利低下に注意が必要

 

ドル円はアメリカの通貨と日本の通貨の取引に使われるFX取引の中でも最も有名なものです。各FX会社はアメリカの動向に関する情報が多く、ドル円の動きによって日経平均株価も大きな影響を受けます。つまり世界中のプレーヤーがドル円の動きに注目している事だと思います。
私はドル円以外ほとんど取引する事はありません。それは最も値動きが安定していて情報が多いからです。ほぼリアルタイムに情報を手にしてチャートで値動きを確認しながら取引しているのです。
その中で私が注意している情報は米ドルの長期金利の動きです。私の使っているFX会社ではアメリカの金利が上がっているなどの情報が常に入ってきます。アメリカの金利は日本よりも高いため、金利が上がればドルが買われてくるのです。
ドルが買われると円が売られる円安の傾向になっていきます。つまりアメリカの金利が下がるとドルが売られて円高になるのです。FX会社からの金利の情報が入ると数分から数十分後にドル円は激しい動きをしていきます。円安、円高のどちらに動くかを考える時に金利の情報は欠かせないのです。
私が過去に経験した中には122円前半から123円丁度まで円安が進んだ事もありました。金利の情報を知っておく事は多くの利益を得る事にもつながるのです。ドル円を取引する人はアメリカの金利の動きを注視しておく必要があります。
現在は世界的に利下げをするケースが多く、金利の動きには各通貨がより多くの影響を受ける事になっています。アメリカは金利を上げる方向で進んでいるようですが、アメリカが利上げする事はドルが買われてきますから円安が進行する可能性が高いと思います。
日頃からFX会社のニュースを確認して、金利の動きに注目する事もFX投資家には大切です。日本では低金利の状態が続いていますが、何かの理由で金利が上昇したら円が買われてくるにつながる可能性があります。すると円高になり株価が下がる傾向になると思います。金利と為替は密接に関係しているのです。

昨今のFXは、自動的な方法で取り引きができるようになっています。普段から忙しい方々にとっては、その方法は非常に便利ですね。注文を代行してくれるシステムになるので、なかなか注文の時間が取れない方にとっては、とても便利だと考えます。
ところでそのシステムは、ある意味投資信託に似ている一面があるのです。なぜならその信託商品も、誰かに対して売買を一任することになるからです。
その信託商品は、いわゆるプロの方に売買を任せる方法になります。取り扱い対象も色々なのですが、不動産や外貨など様々あるのですね。専門家の方々は、まず色々な方からお金を集めます。その集めたお金を用いて、売買を行う事になるのです。それで利益が発生した時には、出資をしてくれた方々に対してお金を分配するという仕組みになります。
ですので、それはある意味前述の自動の方法に似ているでしょう。出資をしている方は実際に売買をする訳ではなく、あくまでも専門家が売買をしているからです。その意味で、普段お仕事がお忙しい方にとっては、その信託商品はメリットは大きいですね。
ではどちらの方がお得かという話になりますが、個人的にはFXだと考えます。なぜならその商品の場合は、やり方次第では利益率がかなり高まるからです。
現にある自動のシステムの場合は、1年間の利益率が50%前後を誇っている状況になります。また別のシステムの場合は、100%を達成しているようなのですね。
ところが前述の信託商品の場合は、40%前後が最高水準だそうです。それではあまり面白味が無い方もいらっしゃるでしょう。
つまり信託商品も自動のシステムには、どちらも注文を代行してもらうという共通要素があるのです。しかし利益率という意味では、両者は大きく異なる訳ですね。利益が大きく見込めるという意味では、FXの方が魅力的だと思います。
ただしその外貨を用いる商品の場合、その分リスクも高めになるのです。いかにしてそれを制御するかが、その商品の大きなポイントの1つと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:02:08

投資の業界には、色々と専門的な用語があります。インターネットでその業界に関する情報を調べていると、たまにコツコツドカンという表現を見かける事があるのですね。そしてFXで売買を行おうと思っているのであれば、その表現はとても大切です。その用語に関する考え方は、まず間違いなく知っておく必要があるでしょう。
そもそもその外貨を用いる商品の場合、コツコツと稼ぐやり方があるのですね。あまり大きな利益などは狙わずに、あくまでも少しづつ利益を積み重ねていくやり方になります。
それで例えば、毎月1万円ずつ利益が積み重なって行ったとしましょう。その積み重ねの結果、トータルで10万円の利益が発生したとします。比較的よく見られるパターンの1つですね。
ところが利益が発生すると、人々は欲が生じる傾向があります。10万円の利益が発生している訳なので、もっと大きな枚数で売買を行っても、何も問題は無いのではないかと思ってしまうのですね。ところがそれが誤りのスタートでもあるのです。
大きな枚数で売買を行えば、もちろんリスクも大きくなってきます。それで10万以上の損失が発生してしまうケースも、決して珍しくありません。10ヶ月間かけて積み上げてきた利益が、わずか数日前後で全てなくなってしまうケースも珍しくないのですね。
コツコツと積み上げてきた利益が、ドカンと無くなってしまう訳です。このようなパターンは、非常に多いです。
FXで売買を行っていた方々は、たまに体験談を投稿しています。それもかなりリアルな声が投稿されている事が多いのですが、上記のようなコツコツドカンのパターンが発生している事例は本当に多いです。
ですので、この投資商品ではドカンに気をつけた方が良いでしょう。ドカンとした利益で現在の自分の資産が激減してしまっては、本末転倒になってしまうからです。前述のような10ヶ月間の努力が、わずか短期間で無駄になってしまうのはとても悲しいですね。
それを考えれば、やはりリスク管理などはとても大切が商品だと思います。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:02:08

FXは、いわゆる投資関連の商品になります。たまに投機という表現が用いられる事もありますが、個人的にはそれは投資タイプの商品だと思っています。投機というやり方は、かなりのテクニックが必要だと思うのですが。
ところで投資関連の商品の1つに、不動産があります。いわゆる家賃収入などを目的に、その物件に対する投資を考えている方もいらっしゃるでしょう。
思えばここ最近インターネットで色々情報収集していると、最近はその不動産物件による投資が活性化している雰囲気があります。以前はそれほど盛んではなかったのですが、最近では家賃収入に魅力を感じている方は増えているように思うのですね。
確かにそれも、悪くないやり方だと思います。その副収入を目的に、不動産に興味をお持ちの方々などは、非常に多いですね。
ところが、それには1つデメリットがあります。融資なのですね。
不動産の場合は、いわゆる空室リスクがあります。誰もそこに住んでくれなければ、もちろん赤字になってしまう訳ですね。物件を保有するにしても、維持コストがかかるものだからです。
そして空室リスクを回避するためには、オーナーの方々はたまにリフォームなどを行います。リフォームを行っておく方が、空室リスクも若干低めになる傾向があるからです。
ところがリフォームはそこそこ高めなので、前述の融資を受ける事が多いのですね。そもそも不動産物件を購入する為にも、融資を受ける事が多々あるのですが。
そして失敗をしてしまえば、もちろん借金が残ってしまいます。それで少々痛い目を見ている方もいらっしゃるのですね。
ところがFXの場合は、もちろん融資を受ける必要がありません。あくまでも自分の資産だけを使って、売買を行う事になるからです。ですのでその外貨商品で失敗をしてしまっても、恐らく借金が残ることはないでしょう。不動産の場合、膨大な借金が残る事もあります。ある意味それは、その商品のメリットの1つであると考えます。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:02:08

FXという商品は、上手く利用すればとてもメリットが大きいです。一番のメリットは、自分は何をしなくても利益を生み出してくれる点ですね。現にここ最近の私は、そのような状況になっています。
最近の私は、ほぼ指値を用いて売買を行っている状況なのですね。それ自体は、よく有る事です。他の方々も、その自動的なシステムを用いて、積極的に売買を行っています。
ところが私の場合は、その指値の注文数がものすごく多いのですね。恐らく多くの方は、発注する指値の本数は3本くらいかなと思います。多くても4本くらいではないでしょうか。
ところが私の場合、それよりも格段に多い数になっています。現時点では、恐らく200を超えているでしょう。ちなみに金融会社の自動的なシステムなども上手く併用して、それだけの数を設定しているのですね。ちょっと特殊な方法で指値を設定している事になります。
そして私がそれを設定してから、すでにしばらく時間が経過しました。もう数ヶ月ほどは時間が経過しているのですが、あれ以来私は全くアクションを起こしています。新規の売買をしていませんし、そもそも決済をしていないのですね。全てを指値が代行してくれているので、とても便利です。
しかもその指値によって、コンスタントに利益が発生しているのですね。私は何もアクションを起こしていないにもかかわらず、実際には利益が発生している訳ですから、ある意味不労所得と言えるでしょう。不労所得とは、自分は何も動かずに利益が発生する仕組みを指します。
ただし、たまに様子を見ます。もしかすると何か不測の事態が発生していてもおかしくはないので、たまに自分の資産の状況を確認する事は必要なのですね。ですので完全な不労所得とは言えないと思います。「半ば」の不労所得といったところでしょうか。
どちらにしても、そのやり方はとても便利です。ですのでFXの売買で色々と手間を感じているようであれば、ちょっと指値を有効活用する事を考えてみるのも良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:02:08

副業に関する情報を調べますと、たまに不労所得という表現を見かける事があります。不労所得とは、その名前の通り労力を使わなくても発生する所得を指します。
例えば、誰かに代行させるようなビジネスですね。本来所得が発生するためには、自分でアクションを起こす必要があります。自分で体を動かして、所得を生み出すなければならないケースが一般的なのですね。
ところが代行してもらうと、基本的には自分自身は何もする事がありません。代行してくれている方々を管理する事は必要になりますが、それでも代行の依頼主自身は、特に何も行う必要がないのですね。ですので誰かに代行をしてもらうというやり方は、ある意味不労所得の1つとも言えます。もちろん代行手数料などは必要になるのですが。
代行に限らず、自分がアクションを行わなくても、収入が発生するような仕組みは色々あるのです。ところでFXも、その1つになり得るのですね。
例えば最近その投資商品では、自動でのシステムが採用されるようになりました。以前はそのようなシステムはなかったのですが、だいぶその金融商品の状況を変わったものだと思います。
そして自動的なシステムのメリットは、自分自身は何もする必要がありません。あくまでも金融会社のシステムが注文をしてくれますので、口座を保有している方自身は、別にアクションを起こす必要はないのです。ですのである意味その自動的なシステムも、不労所得の1つと考えられるでしょう。メリットはとても大きなシステムだと思います。ですので、FXでの不労所得は可能だと思うのです。
ただし残念ながらそのシステムも万全ではありません。というのも自動的なシステムも、たまに損が発生してしまう事があるのですね。それに伴って預けた元金が含み損になってしまう事もあるので、やはり完全に任せっきりにするのが良くないと思います。完全に任せるというより、時々システムの利益状況などを確認する方が良いでしょう。色々と調整をする事は、必要だと思います。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:01:08

ここ最近の日本では、休眠口座が増加傾向にあるようです。いわゆる、ほとんど使われていない口座ですね。
例えば銀行で、口座を作ったとしましょう。それで複数の口座を保有している方もいらっしゃるのですが、中にはその中のいくつかが放置状態になってしまっている方も見られます。お金は少しだけ預けてあるのですが、ほとんど稼働していないので、いわゆる休眠状態になってしまっているのですね。
ところで最近の日本の金融業界では、その休眠状態の口座を何とかしようと考えているのだそうです。全く稼働していない口座があっても、そもそも金融会社に対しては何もメリットが無いでしょう。ですので一部の口座に対しては、ちょっと凍結の措置を取ろうかと思っているようなのです。もっともまだ確定していないのですが。ですので休眠状態になってしまっている口座をお持ちの方は、ちょっと注意が必要です。
ただし凍結が発生するといっても、別にお金が徴収される訳ではありません。本人からの申し出が無い限りは、口座を用いての手続きが不可能になるとのルールになるのだそうです。
ところでFXにも、そのようなタイプの口座があるのですね。数年前に口座を作ったものの、全く稼働していないという事例は本当に多いと思います。
そして前述のような動きがありますので、今後のFXの業界においても、何かの変化が発生してもおかしくないと思いです。さしあたって現時点では、口座の凍結の話は浮上していません。しかしここ最近のその投資商品の口座の数は、だんだんと増えてきているのですね。このまま口座の数が増えていけば、いずれは上記のような話が浮上してもおかしくないと思います。
もちろんそのような話が浮上した時には、恐らく金融会社から通知などは来るでしょう。その通知を受け取ったら、口座の保有者としては何らかの手を打つ方が良いと思いますね。ログインができなくなってしまう可能性があるからです。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:01:08

FXでの売買をしている方々の目的は色々ですが、その1つに金利があります。いわゆる外国の金利に期待して、売買を行うやり方もあるのです。
そもそも現在の日本の銀行は、金利がかなり低めになっています。銀行の数字を見ると、年間1%になっていない状況ですね。まして普通預金の場合は、1年間で0.1未満になっている状況なのです。
100万を預けても年間で1万にならない訳ですから、ちょっとその数字は不安だと思っている方もたまに見られます。ところが外国の金利の場合は、それよりも相対的に高めになっている事が多いので、冒頭の外貨の商品に興味を持っている方も多い訳です。
実際その商品の金利はかなり高めです。特に南アフリカランドなどは、個人的にはおすすめですね。強制損切りが発動されるまでの基準も計算しやすいですし、他の外貨と比べてもかなり金利が高めになっているからです。
ところで金利を目的に売買をするのであれば、個人的には海外会社を用いる方が良いと思います。なぜなら海外会社の場合は、無条件に金利が発生するからです。
そもそも国内にあるFXの会社の場合、ただ預けるだけでは金利が発生しないのですね。必ず建玉を保有しなければなりません。つまり金利発生のためには、注文が必要なのです。
ところが海外の会社の場合は、たとえ金融会社に口座を預けているだけでも、金利が発生する事があるのですね。イメージとしては普通預金口座に似ています。あれに預けていると、無条件に金利が発生してくれるのです。それと同じで、一部の海外の会社にお金を預けると、たとえ注文をしなくても金利が発生するのですね。
それを考慮すれば、やはり海外の会社で口座を保有する方が良いと思います。日本の業者に比べれば、明らかにお金が増える効率が良いからです。
ただし南アフリカランド取り扱っている海外の会社となると、多少数は限られてきますね。業者はよく選ぶ必要があると思います。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:01:08

FXのプロの方々は、たまに多くの方とは異なるやり方で売買をしている事があります。損切りの設定ですね。
本来その投資商品で売買をする時には、損切りを設定するものです。そうでないと、とんでもなく大きな損が発生してしまう可能性があります。現に私の友達のトレーダーの1人も、必ず損切りを設定するよう勧めているのですが。
ところであるプロの方は、最近とても興味深いやり方で注文をしました。損切りを設定しなかったのですね。
というのもそのプロの方は、ある局面にて円高に進むと判断したようです。そのタイミングで売り玉を保有してみた訳ですが、そのプロのトレーダーの方は損切りの注文をしませんでした。その論拠なのですが、大きな自信があったようなのですね。そこでは100%円高に進むとの強い自身があり、あえて損切りを設定する必要がないと思っていたようです。
では実際はどうなったかと申しますと、かなり多くの利益が発生していたのだそうです。最近それがある情報サイトに掲載されていますので、ご存知の方も多いかと思うのですが。
このようにストップロスを全く設定しないというFXの手法も、ある訳ですね。しかし上記のプロのトレーダーの方は、他の多くの方は真似しないようにと警告していらっしゃいました。なぜならその方法は、もちろん危険を伴うからです。一歩間違うと大きな損が発生する可能性が大なので、決して真似をしないで下さい等とそのサイトにて警告していたのを覚えています。
確かにその通りですね。損切りを全く設定したいのは、ケガの元です。それを設定せずに、非常に大きな損が発生している方々は本当に多く見られます。
このようにプロの方々は、少々特殊なやり方を用いているようです。上記のように危険度が高いやり方もあるので、確かにあまり真似をしない方が良いと思います。
ただ参考になるとは思います。真似をするのが禁物ですが、その考え方を理解しておく事は必要だと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:00:08

ここ最近のFXは、だんだん便利になってきたと思います。現在の私は、とても便利なシステムで売買をしているのです。
私が口座を保有している金融会社は、100枚で売買をする事ができます。その会社は、最近とても便利なシステムをリリースしたのですね。連続的な注文をする事ができるのです。
例えばある時に、外貨の金額が31円だったとしましょう。その31のタイミングで買いの指値を入れて、31.5のタイミングで自動的に決済をする注文をしたとします。いわゆるIFDですね。
この場合は、もちろん31.5に到達した時には決済が発動される事でしょう。そして私の場合は、その決済が発動された時に、直ちに別の注文をしたいと思っているのです。
例えば31.5での決済が確定したと同時に、もう一度31のタイミングで新規の売買をしたいと思う事がよくあります。つまり利益確定と同時に、連続的に新規の建玉を保有するという考え方です。
このような連続的な注文方法ができる会社は、実は非常に少ないのですね。FXの会社は沢山ありますが、それが可能な会社は本当に限られています。
実はその連続的な方法が採用されたのは、つい最近なのですね。確か3ヶ月ぐらい前だったと思います。
そしてそれが採用されてから、私は手間を抑えることができるようになりました。今まではいちいち手動で売買をしなければならなかったので、とても面倒でした。現在の口座の状況を常に確認しなければなりませんでしたし、細かくログインをしなければならず、かなり手間がかかっていたのですね。ところが上記の連続システムが採用されてから、ほとんど手放しの状態になっています。何もしなくても、勝手に売買をしてくれるのでとても楽ですね。
サラリーマンの方などには、そのような方法はとても便利だと思います。普段昼間は仕事で作業に集中しなければならないのですから、上記のような連続システムで売買ができると、便利なものなのですね。
いずれにしてもこの金融会社は、とても便利なシステムをリリースしてくれたと思います。今後もそれを使い続けて、利益獲得を目指そうと考えています。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:00:08

最近、何かとレバレッジの規制がない海外FXが話題になっています。国内のFX会社にはレバレッジの規制があり、個人の場合25倍までの取引しかできません。仮にドル円を1万通貨ポジションを持つと4万9000円ほど必要です。(レートによって証拠金は変動します。)

 

私はレバレッジの規制前からFXの取引をしていて、当時はレバレッジ400倍まで取引できる口座もありました。少ない証拠金で取引できるのは本当に便利でした。それでレバレッジが規制されてから取引しずらくなり、慣れるまで証拠金の計算にも時間も掛かり、海外FXの口座を開設しようかと思ったぐらいです。

 

ちなみに海外FX口座はまだ持っていませんが、一つは口座を開設しようか迷っています。やっぱり少ない証拠金で取引できるのは魅力ですし、クレジットカード一枚で入出金できるのは便利だと思いました。
国内の会社のように海外FX口座もバンバン口座開設キャンペーンを開催しています。

 

また、海外FX口座はキャンペーンが太っ腹です。追加入金でボーナスが貰えたり、取引のたびにポイントが貯まるプログラムなど国内のFX会社には見かけないキャンペーンも開催されています。
日本語に対応している海外FX口座も多く、一度は海外FX口座を開設しようか本気で考えたFXトレーダーも多いと思いますが、ただ、メリットばかりではないようです。

 

まず、海外FX業者の信頼性です。出金に時間が掛かり、国内のFX会社と比べてもトラブル対応に応じてくれないといった声も聞きます。ですから、海外FX口座を選ぶ時にはその会社をしっかり調べる事が必要だと思いました。

 

このようなトラブルを回避するには小額だけ入金して、取引した後に出金請求をして様子をみる事も出来ます。ちゃんと出金に応じてくれる海外FX業者なら安心できるでしょうし、人気ランキングや口コミサイトも参考になります。ほとんどの海外FX業者は安心して取引できると思いますが、トラブルを防ぐためには大切な事です。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:00:08