FXの自動システムと投資信託を利回りの観点から比べてみた

FXの自動システムと投資信託を利回りの観点から比べてみた

FXの自動システムと投資信託を利回りの観点から比べてみた

 

昨今のFXは、自動的な方法で取り引きができるようになっています。普段から忙しい方々にとっては、その方法は非常に便利ですね。注文を代行してくれるシステムになるので、なかなか注文の時間が取れない方にとっては、とても便利だと考えます。ところでそのシステムは、ある意味投資信託に似ている一面があるのです。なぜならその信託商品も、誰かに対して売買を一任することになるからです。

 

その信託商品は、いわゆるプロの方に売買を任せる方法になります。取り扱い対象も色々なのですが、不動産や外貨など様々あるのですね。専門家の方々は、まず色々な方からお金を集めます。その集めたお金を用いて、売買を行う事になるのです。それで利益が発生した時には、出資をしてくれた方々に対してお金を分配するという仕組みになります。ですので、それはある意味前述の自動の方法に似ているでしょう。出資をしている方は実際に売買をする訳ではなく、あくまでも専門家が売買をしているからです。その意味で、普段お仕事がお忙しい方にとっては、その信託商品はメリットは大きいですね。

 

ではどちらの方がお得かという話になりますが、個人的にはFXだと考えます。なぜならその商品の場合は、やり方次第では利益率がかなり高まるからです。現にある自動のシステムの場合は、1年間の利益率が50%前後を誇っている状況になります。また別のシステムの場合は、100%を達成しているようなのですね。ところが前述の信託商品の場合は、40%前後が最高水準だそうです。それではあまり面白味が無い方もいらっしゃるでしょう。

 

つまり信託商品も自動のシステムには、どちらも注文を代行してもらうという共通要素があるのです。しかし利益率という意味では、両者は大きく異なる訳ですね。利益が大きく見込めるという意味では、FXの方が魅力的だと思います。ただしその外貨を用いる商品の場合、その分リスクも高めになるのです。いかにしてそれを制御するかが、その商品の大きなポイントの1つと言えるでしょう。