不動産商品による利益とFXには融資を受ける事に関する違いが

不動産商品による利益とFXには融資を受ける事に関する違いが

不動産商品による利益とFXには融資を受ける事に関する違いが

 

FXは、いわゆる投資関連の商品になります。たまに投機という表現が用いられる事もありますが、個人的にはそれは投資タイプの商品だと思っています。投機というやり方は、かなりのテクニックが必要だと思うのですが。ところで投資関連の商品の1つに、不動産があります。いわゆる家賃収入などを目的に、その物件に対する投資を考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

思えばここ最近インターネットで色々情報収集していると、最近はその不動産物件による投資が活性化している雰囲気があります。以前はそれほど盛んではなかったのですが、最近では家賃収入に魅力を感じている方は増えているように思うのですね。確かにそれも、悪くないやり方だと思います。その副収入を目的に、不動産に興味をお持ちの方々などは、非常に多いですね。

 

ところが、それには1つデメリットがあります。融資なのですね。不動産の場合は、いわゆる空室リスクがあります。誰もそこに住んでくれなければ、もちろん赤字になってしまう訳ですね。物件を保有するにしても、維持コストがかかるものだからです。そして空室リスクを回避するためには、オーナーの方々はたまにリフォームなどを行います。リフォームを行っておく方が、空室リスクも若干低めになる傾向があるからです。

 

ところがリフォームはそこそこ高めなので、前述の融資を受ける事が多いのですね。そもそも不動産物件を購入する為にも、融資を受ける事が多々あるのですが。そして失敗をしてしまえば、もちろん借金が残ってしまいます。それで少々痛い目を見ている方もいらっしゃるのですね。ところがFXの場合は、もちろん融資を受ける必要がありません。あくまでも自分の資産だけを使って、売買を行う事になるからです。ですのでその外貨商品で失敗をしてしまっても、恐らく借金が残ることはないでしょう。不動産の場合、膨大な借金が残る事もあります。ある意味それは、その商品のメリットの1つであると考えます。