FXの休眠口座に対する新たなルールが生じる可能性も

FXの休眠口座に対する新たなルールが生じる可能性も

FXの休眠口座に対する新たなルールが生じる可能性も

 

ここ最近の日本では、休眠口座が増加傾向にあるようです。いわゆる、ほとんど使われていない口座ですね。例えば銀行で、口座を作ったとしましょう。それで複数の口座を保有している方もいらっしゃるのですが、中にはその中のいくつかが放置状態になってしまっている方も見られます。お金は少しだけ預けてあるのですが、ほとんど稼働していないので、いわゆる休眠状態になってしまっているのですね。

 

ところで最近の日本の金融業界では、その休眠状態の口座を何とかしようと考えているのだそうです。全く稼働していない口座があっても、そもそも金融会社に対しては何もメリットが無いでしょう。ですので一部の口座に対しては、ちょっと凍結の措置を取ろうかと思っているようなのです。もっともまだ確定していないのですが。ですので休眠状態になってしまっている口座をお持ちの方は、ちょっと注意が必要です。

 

ただし凍結が発生するといっても、別にお金が徴収される訳ではありません。本人からの申し出が無い限りは、口座を用いての手続きが不可能になるとのルールになるのだそうです。ところでFXにも、そのようなタイプの口座があるのですね。数年前に口座を作ったものの、全く稼働していないという事例は本当に多いと思います。

 

そして前述のような動きがありますので、今後のFXの業界においても、何かの変化が発生してもおかしくないと思いです。さしあたって現時点では、口座の凍結の話は浮上していません。しかしここ最近のその投資商品の口座の数は、だんだんと増えてきているのですね。このまま口座の数が増えていけば、いずれは上記のような話が浮上してもおかしくないと思います。もちろんそのような話が浮上した時には、恐らく金融会社から通知などは来るでしょう。その通知を受け取ったら、口座の保有者としては何らかの手を打つ方が良いと思いますね。ログインができなくなってしまう可能性があるからです。