金利を目的にFXの売買をするならば海外の方が良い一面も

金利を目的にFXの売買をするならば海外の方が良い一面も

金利を目的にFXの売買をするならば海外の方が良い一面も

 

FXでの売買をしている方々の目的は色々ですが、その1つに金利があります。いわゆる外国の金利に期待して、売買を行うやり方もあるのです。そもそも現在の日本の銀行は、金利がかなり低めになっています。銀行の数字を見ると、年間1%になっていない状況ですね。まして普通預金の場合は、1年間で0.1未満になっている状況なのです。100万を預けても年間で1万にならない訳ですから、ちょっとその数字は不安だと思っている方もたまに見られます。ところが外国の金利の場合は、それよりも相対的に高めになっている事が多いので、冒頭の外貨の商品に興味を持っている方も多い訳です。

 

実際その商品の金利はかなり高めです。特に南アフリカランドなどは、個人的にはおすすめですね。強制損切りが発動されるまでの基準も計算しやすいですし、他の外貨と比べてもかなり金利が高めになっているからです。ところで金利を目的に売買をするのであれば、個人的には海外会社を用いる方が良いと思います。なぜなら海外会社の場合は、無条件に金利が発生するからです。

 

そもそも国内にあるFXの会社の場合、ただ預けるだけでは金利が発生しないのですね。必ず建玉を保有しなければなりません。つまり金利発生のためには、注文が必要なのです。ところが海外の会社の場合は、たとえ金融会社に口座を預けているだけでも、金利が発生する事があるのですね。イメージとしては普通預金口座に似ています。あれに預けていると、無条件に金利が発生してくれるのです。それと同じで、一部の海外の会社にお金を預けると、たとえ注文をしなくても金利が発生するのですね。

 

それを考慮すれば、やはり海外の会社で口座を保有する方が良いと思います。日本の業者に比べれば、明らかにお金が増える効率が良いからです。ただし南アフリカランド取り扱っている海外の会社となると、多少数は限られてきますね。業者はよく選ぶ必要があると思います。