自信があったのであえて損切りを設定しなかったプロのFXのトレード

自信があったのであえて損切りを設定しなかったプロのFXのトレード

自信があったのであえて損切りを設定しなかったプロのFXのトレード

 

FXのプロの方々は、たまに多くの方とは異なるやり方で売買をしている事があります。損切りの設定ですね。本来その投資商品で売買をする時には、損切りを設定するものです。そうでないと、とんでもなく大きな損が発生してしまう可能性があります。現に私の友達のトレーダーの1人も、必ず損切りを設定するよう勧めているのですが。ところであるプロの方は、最近とても興味深いやり方で注文をしました。損切りを設定しなかったのですね。

 

というのもそのプロの方は、ある局面にて円高に進むと判断したようです。そのタイミングで売り玉を保有してみた訳ですが、そのプロのトレーダーの方は損切りの注文をしませんでした。その論拠なのですが、大きな自信があったようなのですね。そこでは100%円高に進むとの強い自身があり、あえて損切りを設定する必要がないと思っていたようです。では実際はどうなったかと申しますと、かなり多くの利益が発生していたのだそうです。最近それがある情報サイトに掲載されていますので、ご存知の方も多いかと思うのですが。

 

このようにストップロスを全く設定しないというFXの手法も、ある訳ですね。しかし上記のプロのトレーダーの方は、他の多くの方は真似しないようにと警告していらっしゃいました。なぜならその方法は、もちろん危険を伴うからです。一歩間違うと大きな損が発生する可能性が大なので、決して真似をしないで下さい等とそのサイトにて警告していたのを覚えています。
確かにその通りですね。損切りを全く設定したいのは、ケガの元です。それを設定せずに、非常に大きな損が発生している方々は本当に多く見られます。このようにプロの方々は、少々特殊なやり方を用いているようです。上記のように危険度が高いやり方もあるので、確かにあまり真似をしない方が良いと思います。ただ参考になるとは思います。真似をするのが禁物ですが、その考え方を理解しておく事は必要だと思う次第です。