投資信託とFXの利回りの良さに関する比較

投資信託とFXの利回りの良さに関する比較

投資関連の商品には、様々な種類があります。その中には、専門家の方に一任する商品もあるのですね。
具体的には、投資信託などがそれに該当します。あの商品の場合は、自力で売買をする訳ではありません。あくまでもプロの方に売買をお任せして、利益獲得を目指す商品になります。
その商品のメリットは、やはりプロに任すことができる点でしょう。そもそも投資をしている方々の全員が、プロではありません。中には初心者の方もいらっしゃるのですね。そして初心者の方々としては、プロの意見を聞きたいと思っている事もありますし、そもそもそれを専門家に一任したいと思っている事もあるのです。前述の信託商品は、それを任せることができる訳ですね。ある意味FXに比べると、メリットは大きいでしょう。
ところがその商品にはデメリットもあって、利益率なのです。実はその商品は、利益率はそれほど高めではありません。
そもそもその商品には、利回りと呼ばれる数字があります。利回りは、年間あたりのパーセンテージで表記されるのです。20%になっている商品であれば、1年後には資金が20%ほど増えるという仕組みになります。
ところでその信託商品に関するランキングを見ると分かるのですが、利回りの数字は最高でも40%台になっている状況なのですね。平均的には、20%台の信託商品が多いです。そしてそれは、FXよりはやや低めな数字になります。
そもそもこの外貨を用いる金融商品は、丁寧に売買を行うと比較的高めな数字が見込めるのですね。私の計算では、悪くても50%くらいは見込めると思います。
もちろんそれは、丁寧な売買を行っていることが前提です。雑な売買をしてしまっていると、むしろマイナスになるので注意が必要なのですが。やり方次第では、大きな利回りが期待できる商品なのですね。
それを考慮すると、やはり私はFXの方が、その信託商品よりもメリットが大きいと思います。ただ前述のように、やはりマイナスには要注意ですね。繊細な売買が求められるので、勉強することは必要だと思います。