FXの他の外貨と違ってやや特殊なニュージーランド

FXの他の外貨と違ってやや特殊なニュージーランド

数日前に私が相場の動きを見ていた時、ちょっと興味深い事が分かりました。ニュージーランドです。
私は主にキウイを用いて、FXの売買をしているのですね。なかなか面白い外貨で、金利の高さなどに特徴があります。もっとも現在はちょっと下落状況になっているので、やや注意を要する局面だと思うのですが。それも含めて、とても面白い外貨だと思います。
ところでその外貨にて、数日前にちょっと大きな特徴に気が付いたのです。他の外貨に比べると、圧倒的に大きな動きが発生していたのですね。
確かその日は、米ドルは0.3円くらいの変動が発生していた記憶があります。それに対してユーロの場合は0.5くらいでしたし、豪ドルなどは0.3くらいだったのではないでしょうか。それほど大きな動きが発生していない状況ですね。
ところがニュージーランドだけは、話は別だったのです。0.8くらいの動きが発生していたのですね。
外貨の金額というのは、往々にしてニュースによって変動するものです。いわゆる経済の指標などの数字が発表されると、大きく動く傾向があるのですね。
ところがその日のニュージーランドは、何も大きなニュースはありませんでした。特に目立った材料が無いにもかかわらず、なぜか大きな動きが発生していたのですね。ちなみになぜあの局面で大きな動きが発生していたかは、今なお不明な状況です。
つまり、それがニュージーランドの特長の1つなのですね。この外貨の場合は、たまによく分からない動きが発生します。他の外貨と比べると、ちょっと独自の世界が形成されているように思いますね。他の外貨が軒並み円安になっていても、この外貨だけは円高の方向に進んでいる事もよく有るのです。
ただそれも含めて、私はこのFXの外貨が気に入っています。他の外貨とは違うアプローチが必要になるのですが、かえってそこが面白いとも思いますね。妙味がある通貨といったところでしょうか。
恐らく世間では、私と同じように考えているFXのトレーダーも多いと思います。